失敗しないプロテインの選び方、おすすめの味をご紹介!

サプリメント
Takmeomeo / Pixabay

みなさんどのくらいプロテイン飲んでいますか?僕は毎日3回ぐらいは飲んでます。

別にプロテインはお肉やお魚と同じ単なるたんぱく質源なので、強制なものでもなんでもないのですが、普段の食事からなかなか十分な摂取が難しいのでサプリで補ってる感じです。

今日はプロテイン大好きな僕がプロテイン選び方のコツについてご紹介します。

 

プロテインにはこだわりたい!

まずはじめに、おそらくこれから本格的に筋トレを始める方は遅かれ早かれプロテインに頼ることになると思います。(だんだんとたんぱく質=命!な思考になってきます笑)

そこでどうせ毎日付き合っていくのであればスマホと同じである程度こだわりを持って選びたいですよね。

大きく分けてポイントは以下の5つあるかと思います。

 

プロテイン選びのポイント
  • 原料
  • 値段
  • たんぱく質含有量
  • 入手のしやすさ

僕が気にしている順番に書いてみました。その理由をこれから解説します。

 

原料

大きく分けてホエイ(動物性:牛乳由来)とソイ(植物性:大豆由来)があります。

その他、カゼインとかエッグとかもありますが、あまりポピュラーでなく手を出す必要はないかと・・・

ホエイのほうが吸収性が高くアミノ酸スコアも高いため筋肉を大きくするのに向いてると一般的に言われます。

ソイの良いところがないかというと別にそういうわけでもなくて、吸収性が低く飲んだ後に空腹になりにくいのを逆に利用して牛乳で割るなどして食事代わりに利用するのに向いてたりします。

そこは目的に合わせて選べばオーケーなんですね。

ただ、毎日付き合っていくという観点で話をすると、、、ぶっちゃけソイは粉っぽいというか泡っぽいというか、個人的にホエイに比べてだいぶ飲みにくいと感じています・・・

その点ホエイに軍配を上げたくなっちゃいますね(ホエイでも牛乳で割れば吸収性下げられるし・・・)。

 

これはあくまで経験則なのですが、初めてプロテイン選ぶときにどの味を選ぶべきか迷った際にはまずはチョコレート味からスタートするのが無難です(漢は黙ってノンフレーバー!という声も聞こえてきそうですがけども)。

プロテインの味って各メーカーによってほんとばらつきというか当たりはずれがあります。美味しくないところはほんと美味しくないです。

そんな中で、比較的どのメーカーにも用意があって、それなりの味レベルを満たしているがチョコレート味だと思います。

チョコレート味がだめなら他の味はもっとやばいだろうとある意味予測ができてしまうぐらいです。

新しいメーカーに挑戦するときはまずはチョコレート味からスタートし、バナナやイチゴやバニラなどに徐々に幅を広げていくのがおすすめです。

いつな日か皆さんにとって最高の味が見つかるとよいですね。

 

値段

毎日飲むものだからこそコストがかさんできます。筋トレって数カ月の話じゃなく数年かけて、いや一生かけてやっていく話なんです。

ですので続けるうえで値段はとてもとても重要です。だって嫌じゃないですか、サプリは必要だから飲むものなのに、ケチケチしながら飲むのって。

値段に関しては圧倒的に外国産に軍配が上がります

日本製の大体7割くらいの値段で買えるみたいです。輸入の手間などもありますがぜひチャレンジしてみてください。

いつかこのブログでも買い方を記事にしたいと思います。

 

たんぱく質含有量

えっこれって一番大事なんじゃないの?そう思われたかもしれませんね。

プロテインってたんぱく質を補うためのものだから、たんぱく質が多く含まれるものを選ぶべきでしょと。

私もプロテイン飲み始めたころはいろんなメーカーの成分表を見て1%でも多く含まれてるのを探そうとしていた時期がありました。

でも気づいちゃったんです。

高品質な高いプロテイン飲んでもあんま変わんねぇなと笑。そんなにたんぱく質取りたいなら別に2杯飲んじゃえばよくね?と笑。

逆にここまで達観できるのは前述の味や値段に納得して気に入ったの選んでるからなんですね。

ここはもう達観で乗り切ります笑。

基本的にたんぱく質含有量が70%超えてればOKだと思って大丈夫です。

 

入手のしやすさ

これも地味に重要です。

共感していただける方も多いと思うのですが、筋トレしてプロテイン取り始めるとほんとプロテイン中毒者みたいになって、「俺が筋トレするのはプロテインを飲むためだ!」状態になります。

そんな状態で自宅のプロテインを切らしてしまった!!!・・・もう皆さん想像つきますね。

ほんとみじめな思いをします笑。

むしろたった一日ジムにプロテインシェーカーを持ってくるのを忘れただけでも相当へこむようになります。

プロテインの入手のしやすさでいえば国産が有利です。

輸入期間が必要な外国産とは違いスーパーやドラッグストアで気軽に買えますから。

まぁ慣れてくるとだいたい1カ月の消費量が分かって、前もってネット注文なりしてストックを用意しておくように自然となります笑。

 

 

おさらい

プロテインの選び方には大きく以下の5つがありました。

プロテインの選び方
  • 原料
  • 値段
  • たんぱく質含有量
  • 入手のしやすさ
そして重要なのは、ホエイプロテインのチョコレート味で外国産で安くてたんぱく質含有量が70%以上のものを選び、注文は自宅のストックを切らさないよう前もってやっておこう!ということでした。
ぜひ最高の相棒を見つけてくださいね!
ではでは

 

 

 

サプリメント
スポンサーリンク
とれまねをフォローする
スポンサーリンク
筋トレと投資を武器に双極性障害を吹き飛ばすブログ

コメント