筋トレサプリまとめ~クレアチン~

サプリメント
NeuPaddy / Pixabay

今日は筋トレを本気で頑張る人に是非取ってほしいサプリのご紹介です。
今回はトリッキーな部類に属するであろうクレアチンを取り上げます。

※ちなみに俺自身は後述する持病のため摂取を中止しています。

今週の一言
【脱細マッチョ!ゴリマッチョを目指し始めたあなたにクレアチン♪】

筋肉が大きくなるメカニズムについて
これもいつか枠を取ってきちんと説明しなければと思ってますが、筋肉は簡単に以下の繰り返しで大きくなります。
■1.筋トレ × 2.栄養 × 3.休息 → 1. 筋トレ(繰り返し)
1.と2.と3.それぞれ別個に考えて自分は果たして満点をとれているのか考えていく必要があります。

■どのフェーズを狙ったサプリなのか
前回までのプロテイン(たんぱく質)やマルトデキストリン&オートミール(炭水化物)は言わば食事の補助であり、明らかに2.の栄養の部分を狙ってます。※きちんとお肉や白米を十分に摂れる人は2.栄養部分をサプリで摂る必要はありません。
一方でサプリの中には1.筋トレ自体の効率アップ(最大パワーアップ、持久力アップ)を狙ったものが幾つか存在します。

クレアチンの効果について
こいつは1. 筋トレ自体の効率アップ、とりわけパワーの最大出力を上げる効果が認められています。具体的には、普段より重いものを持ち上げる事ができたり、いつも5回でギブアップしていたものが6回、7回持ち上がったります。
今まで必死こいて筋トレしてたのがサプリ作用によって簡単にパワーアップすると拍子抜けするかもしれませんね。

クレアチンを飲むと体がでかくなる
クレアチンが持つ1つの作用に体内の水分を筋肉に引き込む。というのがあります(ですので水は普段よりたくさん飲む必要があります)。
引き込んだ水の重さ分の体重が増えますが、その分筋肉がいきなり大きくなったように見えます(クレアチン摂取をやめればいずれ水分は抜けます)。
それが周りには水分で増えたのか筋繊維が増えたのか見た目からは分からないので俺/私かっけぇ状態になります。
んじゃ見せかけの筋肉かというとそうとも言い切れず、前述のパワー最大出力を上げる効果により筋トレ内容の充実が得られ、その後栄養と休息を取れば前述のサイクルによって筋肉が成長していくことから、いずれ筋肉(筋繊維)もつきますよ笑

クレアチンって安全なの
これまでのを説明を読むとまるでドーピングかと思われるでしょうが実際にこれはドーピングに近い効果があるなと自分でも思ってしまいます。
がもちろん合法で最も古くから研究されているサプリのうちの一つで安全が認められていますし、自然界に存在しお肉にも含まれています。が微量なので効果を得るには実質サプリの助けが必要でしょう。

クレアチンの飲み方について
非常にトリッキーです。ここ一番重要です。試験に出ます。
トレ前、中、後みたいに決まってないです。いつ飲んでもいいです。
が、その日摂取したからと言ってその日に効果が出るわけではありません。
クレアチン濃度と言って体内のクレアチン残量が一定以上あるときにだけ、前述のクレアチンのパワー最大出力アップ効果は発揮されます。
まずはクレアチン濃度を満たすことから始めなければなりません。そしてそのためには、毎日5gを目処に約1ヶ月ほど事前に飲み続ける必要があります。
つまり、今日のトレの効果が上がったのは既に体内の中にあるクレアチンによるもので、それは約一ヶ月前から蓄積されていたものだと言い換えることができます。

持病が気になって他の説明が頭に入ってこないんだが
俺、頻尿なんすよ。クレアチンを摂ると水分たくさん摂らなきゃいけないんで、頻尿とは相性悪いんですよ汗。
ほんとは摂取したくてたまらないのですが、泣く泣く諦めています。まずは健康が大事ですから。

ローディング期間、休止期間はいらないの?
クレアチンの摂り方の一つで、時期によってクレアチンを急激に摂取したり、中断したりするやり方がありますが、特にそのようなものは必要ないという意見が今は主流のようです。

どこで買えるの
通販が主だと思います。あまりお店で見たことないですし、店舗で買うと高いですから。サプリはマイプロテインかiherbで買うのがおすすめです。

値段は
プロテインより全然安いです。費用対効果抜群です。

体重が増えるって聞いたけど減量中でも摂っていいの
たしかに前述の水分を筋肉に引き込む効果により体重は増えます。よって体重で明確なラインを引かれているボクサーや柔道家なんかは気にする必要がありますが、そうでない多くの人にとって大事なのは体重でなくて見た目(体脂肪)なはずです。クレアチン摂取が脂肪落とすのを邪魔するわけではないので全然摂って構いませんよ。

んじゃ今回はここらへんで

サプリメント
スポンサーリンク
とれまねをフォローする
スポンサーリンク
筋トレと投資を武器に双極性障害を吹き飛ばすブログ

コメント